でんきのあした

07 2012.12.18

水力発電、120年の歴史が育てた自然と向き合う姿勢

24時間365日、すべてのお客さまに途切れることなくお届けしている電気。海に面した原子力発電所や火力発電所、あるいは山の方にある水力発電所でつくられた電気は、見上げるほど高い鉄塔の間を結ぶ送電線やいくつもの変電所を経て、お客さまのもとへ届けられます。
今回は、地上100mを走る送電線とそれを支える鉄塔が織りなす送電系統をどのように形成し、どのように電気をお届けしているかをご紹介いたします。
ご意見・ご感想
このページの先頭へ
印刷用[PDF:2.08MB]