でんきのあした

01 2012.9.12

13もの国から調達する燃料

浜岡原子力発電所の全号機運転停止を受けて、火力発電の果たす役割が大きくなっています。火力発電は、液化天然ガス(LNG)、原油、石炭などのエネルギー資源を燃料に電気をつくります。
日本はエネルギー資源が乏しいにもかかわらず、世界でも有数のエネルギー消費国であるため、火力発電に必要となる燃料のほとんどを海外から途絶えることなく調達し続ける必要があります。
24時間365日、安定して電気をお届けするために、更に重要性の増した燃料調達についてお伝えします。
ご意見・ご感想
このページの先頭へ
印刷用[PDF:2.61MB]