でんきのあした

17 2013.8.9

電気を届ける、無限大の想い

(動画ナレーション)
昭和34年9月、中部地方を襲った伊勢湾台風。この時、中部電力の設備は壊滅的な被害をうけました。
復旧するための資材も不足しましたが、知恵を出し、社員が一丸となり、危機を乗り越え、明かりを灯しました。
「電気を届ける」、この想いは、昔も今も、変わりません。
ご意見・ご感想
このページの先頭へ
印刷用[PDF:1.58MB]