でんきのあした

18 2013.9.6

上げ下げ、切る、切り替える 電気の流れをコントロールする変電所の3つの役割

電気がお客さまのもとに届くまでの旅。「でんきのあした 09」では、電気を「養分」、電気のネットワークを一本の木にたとえて、発電所が「根」、送電線は「幹や太い枝」、お客さまと直接つながる配電線は「葉脈」と、ご紹介しました。
今回は、「養分」を無駄にしないように、その流れを助ける変電所を取り上げます。発電所と送電線、送電線と送電線、送電線と配電線、その間929ケ所に設置され、身近にあっても役割が見えづらい変電所、その役割についてご紹介します。
ご意見・ご感想
このページの先頭へ
印刷用[PDF:4.95MB]